絵本

かわいそうなぞう

この絵本の内容紹介あらすじ

上野の動物園は花盛り。お花見で人が押し寄せ、動物園は混み合っています。

象の檻の前の広場では、二頭の象が芸当を披露しています。長い鼻を天に向けて日の丸を振ったり、よたよたと丸太渡りをすると、大勢の見物人は大喜びです。

その広場から少し離れたところに、一つの墓がありました。賑やかな広場とは打って変わって、ひっそりと佇んでいます。

その墓には動物園で死んだ動物達が祀られていますが、ほとんどの人はその墓の存在に気づきません。

ところがある日、一人の男性がしみじみとその墓を撫でていました。そして、その墓に眠る悲しい象の物語を聞かせてくれたのです。

今、動物園には三頭の象がいますが、一昔前にも同じように三頭の象がいました。

その頃、日本はアメリカと戦争中。その戦争が激しくなると、毎日、東京には爆弾が雨のように振り落とされました。

もし、爆弾が動物園に落ちたら大変なことになります。檻が壊れると、猛獣達が外で暴れ出してしまうのです。

そこで、ライオンやトラやヒョウやクマなど、動物園の動物達に毒を飲ませて殺してしまいました。

三頭の像も例外ではありません。いよいよ殺される順番が回ってきました。

まず最初に順番が回ってきたのは、暴れん坊で言うことを聞かないジョン。

ジョンはジャガイモが大好きなので、普通のジャガイモに毒入りのジャガイモを混ぜた餌が与えられました。

ところが、利口なジョンは毒入りのジャガイモを嗅ぎ分けて、普通のジャガイモだけを口にします。

そこで今度は、仕方なく毒薬を体へ注射することとなるのですが、象の体は皮が厚くて注射針が刺さりません。馬に使う大きくて太い注射を使いますが、象に使おうとすると針が折れてしまいます。

最後は、食べ物を一つも与えずにいると、17日目にジョンは死ぬのでした。

そして次は、トンキーとワンリーの順番。この二頭の象は、いつも可愛い目をしている優しい象です。

動物園の人たちは、なんとかこの二頭の象だけでも助けたいと考え、仙台の動物園に送ることを決めました。

ところが、仙台で爆弾が落とされれば、東京と同じように大変なこととなります。一度は仙台に送ることを決めましたが、最終的には上野の動物園で殺さざるを得なくなったのです。

トンキーとワンリーも餌を与えられない日が続くうちに、段々と痩せ細っていきました。見回りの人を見かけるたびに、「えさを ください。」というような目を向けるのです。

飼育員は自分の子どものように象達を可愛がってきたので、張り裂けそうな想いで檻の前を行ったり来たり。そうしていると、トンキーとワンキーがひょろひょろと力ない足で立ち上がり、飼育員の前に進み出ました。

そして、お互いにぐったりとした体を背中でもたれ合いながら、突然と芸当を始めたのです。芸当をすれば以前のように餌が貰える、そう思っての行動だったのです。

そんなトンキーやワンキーの姿を見ているうちに、飼育員の我慢もとうとう限界。餌のある部屋に飛び込むと、二頭の象のもとに餌と水を運び始めました。

その後、二頭の象はどうなったのでしょうか・・・。

一日でも長く生き長らえれば・・・、戦争が一日でも早く終われば・・・、そうすれば二頭の象は助かるかもしれません。

ところが、これは悲しいお話。象の空腹が満たされることはなく、飼育員の葛藤が報われることはありませんでした。


今でこそ賑やかで楽しい動物園ですが、時代が違えば、辛くて悲しい出来事も起きていたのです。

この物語の舞台は、東京都台東区にある上野動物園。第二次世界大戦の最中に、実際にあった出来事をもとに制作されました。

お話をとおして、戦争の残酷さがひしひしと伝わるはずです。そして、二度と戦争は起こしてはいけないと改めて実感することでしょう。

熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

出版社からの内容紹介

戦争中、上野動物園で三頭のゾウが殺されました。これは本当にあった悲しいお話です。毎年終戦記念日に評論家の秋山ちえ子氏が平和への願いをこめてラジオで朗読し、テレビでも紹介された名作。

出版社「金の星社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。