絵本

きりみ

出版社からの内容紹介あらすじ

いまたべているこのきりみ、さかなのどのぶぶんだろう? もともとはどんなすがただろう? サケ、マグロ、ヒラメ、カレイ、タコから、カツオブシ、ノリまで。魚譜画家による美しい絵本。

【このほんに でてくる さかなたち】
サケ、ニホンウナギ、タチウオ、マガレイ、ヒラメ、クロマグロ、マサバ、スルメイカ、サザエ、ホタテガイ、マダコ、クルマエビ、ムラサキウニ、ズワイガニ、カツオ、スサビノリ

【作者より】
普段なにげなく買い物しているスーパーの鮮魚売り場を、発見に満ちた場に。
日常を好奇心で彩る楽しみを、この絵本を手に取られたみなさんと一緒に感じられたらと思います。

絵本「きりみ」の一コマ

絵本「きりみ」の一コマ2

絵本「きりみ」の一コマ3

絵本「きりみ」の一コマ4

絵本「きりみ」の一コマ5

絵本「きりみ」の一コマ6

絵本「きりみ」の一コマ7

出版社「河出書房新社」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。