絵本

怪物学抄

出版社からの内容紹介あらすじ

「筋肉質な暗闇」「レントゲンケーキ」……不可解な怪物たちが繰り広げる、奇妙なカイブツショー! 中世ヨーロッパの怪物学者が覗いた世界を、世界的アニメーション作家が描く傑作絵本。

各界から絶賛の声 ! 

これら奇怪千万な生き物が全部自分に見える人は、かなり正常である。 柴田元幸(翻訳家)

欧米の独壇場だったお洒落怖い絵本が、日本で結晶化して嬉しい!  ミムラ(女優・エッセイスト)

個性を伸ばしすぎた奴らが、壊れながら生きてる。
かっこいい。  穂村弘(歌人)

日本には、真のデーモンたちが棲んでいる。
 ヤン・シュヴァンクマイエル(『アリス』映画監督)

出版社「河出書房新社」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。