絵本

リクはよわくない

この絵本の内容紹介あらすじ

リクが天国へと旅立って行きました。息ができなくなるほど泣きながら、ぼくは何度も何度もリクの名前を呼びましたが、起き上がることはありません。

すごく痩せ細って、少し冷たくなったリクを膝の上に抱えながら、ぼくはリクと過ごした楽しくて苦しかった毎日を思い出します。

ぼくの家には、4匹の犬がいます。名前は、ツトム、ヨースケ、マルちゃん、パグゾウ。ぼくは、その4匹の犬達と兄弟のように暮らしていました。

ぼくが5歳のころ、お父さんが小さな子犬を家に連れて帰ってきました。その犬は、体が弱くて痩せっぽっち。

「このこの びょうきを なおそう」
お父さんがぼくにそう言いました。

「このこは よわくない! このこなら がんばれる」
ぼくはそう信じました。

そして、ぼくはその子犬に「リク」という名前をつけて、5番目の弟にしました。

リクは、慣れない環境に不安だったのでしょうか。庭にある大きな木に顔を向けたままぶるぶると震え続けます。

ところが、夜、眠るころには、リクの震えは収まりました。4匹の他の兄弟と一緒になって、同じベッドに団子のようになって眠ったリクは、お兄ちゃん達の温かさに安心したのでしょう。一方、ぼくはリクの病気が治って元気になる夢を見ながら、いつの間にやら眠っていました。

翌朝、ぼくはいつものように兄弟達を散歩に連れて行こうとしますが、リクは座ったままで石のように動きません。リクは外の世界を怖がっているようです。

ぼくは「リクも たのしくげんきに さんぽが できたらいいのにな。」と考えながら、動かないリクを引っ張りながら少しずつ前に進みました。

それからも毎朝みんなで散歩をしましたが、リクは自分から歩き出そうとはしませんでした。少しだけ歩けるようになっても、震えながら外の世界を怖がっているようでした。家でも食べ物を食べられない日がときどきありました。

それでも、リクが家に来て一年ほど経ったころには、少しずつ元気になっているように感じられました。ぼくが幼稚園から帰ると、リクは玄関まで迎えに来て、体を摺り寄せながら「クン」と小さく鳴きます。

夏休み、家族みんなで海へ旅行に出かけたとき、砂浜で散歩をしました。ヨースケとマルちゃんは、跳びはねて走っています。パグゾウは、日陰ですやすやとお昼寝。ツトムは、おもちゃを口にくわえて楽しそうに砂浜を歩き回ります。

あれほど散歩嫌いだったリクもこの日は別です。マルちゃんにくっついて、ゆっくりですがいつもよりはたくさん歩きました。

少しずつ少しずつ元気になっているように感じられたリク。ところが、日に日に元気がなくなります。ご飯も以前に増して食べられないほどです。

ある日のこと、ぼくが幼稚園から家に帰ってもリクは玄関まで迎えに来ません。リクは病院に入院することになったのでした。

ぼくは、リクが元気になることを信じていましたが、それでもやっぱり不安は募ります。

一週間後、リクが退院して帰ってきました。ところが、リクはとても弱々しい姿。ぼくはその姿を見て、涙が止まりません。

その日の夜、お父さんが言いました。
「リクは もうすぐてんごくにいくんだよ。リクは いのちのよろこびと こわさを おしえてくれたね」


少年と子犬の交流をとおして命の重み・大切さを描きます。本当の兄弟のように暮らしていたリクとの別れは、少年にとって耐えがたい苦しみだったでしょう。リクと過ごした時間が楽しかったからこそ、苦しみは大きかったことでしょう。

とても悲しいお話ですが、リクとの素敵な思い出は、少年にとって人生の糧になったのではないでしょうか。命の儚さや素晴らしさを伝えます。

愛犬家としても有名な作者:坂上 忍氏が、過去に哀しい別れをした愛犬リクへの思いを胸に制作した絵本です。作画はお笑い芸人:くっきー!(野性爆弾)が担当。テレビ・CM・雑誌などで活躍する渡辺 満里奈氏の読み聞かせ音声付きです。

【公式動画】渡辺満里奈さん読み聞かせ『リクはよわくない』サンプル

出版社からの内容紹介

病弱なイタリアン・グレーハウンド「リク」が、5才の「ぼく」の家にやってきた。とっても優しい犬のきょうだいたち、「ツトム」「ヨースケ」「マルちゃん」「パグゾウ」との生活のなかで、リクはどんどん元気を取り戻していったが……。『坂上どうぶつ王国』で番組MCを務め、愛犬家としても知られる坂上忍氏が、過去に哀しい別れをした愛犬リクへの思いを胸に絵本を制作。作画は「野性爆弾」のくっきー!氏が担当。リクが送った短い生涯を通じて「命の大切さ」を教えてくれる感動ストーリー。渡辺満里奈氏の読み聞かせ音声付き。

出版社「インプレスブックス」より