絵本

オオカミから犬へ! 人と犬がなかよしなわけ

出版社からの内容紹介あらすじ

人のだいじな友だち、犬。多様な種類の犬がいるけれど、その祖先は同じ。それは……オオカミ!
長い年月の間に、どのように犬と人間が仲良くなっていったのかを伝えます。

先史時代、人類とオオカミがどのように互いを必要とするようになり、オオカミは犬へと進化していったのか。
その出会いを想像しつつ、歴史的背景を楽しく描き出します。

ニューヨークタイムズの書評でも取り上げられた、注目の絵本。

絵本「オオカミから犬へ!」の一コマ

絵本「オオカミから犬へ!」の一コマ

出版社「岩崎書店」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。