絵本

きみが うちに くるまえ・・・

出版社からの内容紹介あらすじ

男の子の家にもらわれた子犬は、ひとりぼっちでさまよっていた保護された子犬。
どんなつらい生活をしていたのか、ひとりになる前はどんな人に飼われていたのか……今はもうわからない。
こんなに良い犬なのに。
男の子は、子犬の過去に思いをはせて、その気持ちを分かち合おうとします。
いま子犬、は男の子の家で、暖かな家族を得たのです。

保護された子犬をもらってきた男の子の、優しくあたたかい心情を描いた絵本。

絵本「きみが うちに くるまえ…」の一コマ

絵本「きみが うちに くるまえ…」の一コマ

出版社「岩崎書店」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。