出版社からの内容紹介あらすじ

あのひは、どんよりと くもった ひ だった。
おおきな じしんと おおきな つなみが きた。
うみべの まちは、あっというまに ながされ……
たべるものも みずも ガソリンも なぐなって――

もう、おわりかと おもった。
そんなときだったよ。

ポー ポー ポー ポー
けいてきの おとが きこえてきたんだ。

2011年3月11日に発生した東日本大震災で、大きな被害をうけた三陸鉄道。
けれど、「さんてつ」は地震発生から5日後、絶望のなかで動きだしました。

「じもとの あしに なるんだ!!
 こんなときだからこそ……はしるんだ!!」

ちっちゃいからだでみんなをはげまし、力強く走りつづける「さんてつ(三陸鉄道)」の姿たを描く、東日本大震災から10年のものがたり。

絵本「リアスのうみべ さんてつがゆく」の一コマ

絵本「リアスのうみべ さんてつがゆく」の一コマ2

絵本「リアスのうみべ さんてつがゆく」の一コマ3

出版社「岩崎書店」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。