この絵本の内容紹介あらすじ

今日は男の子が遠足に出かけました。

「おひるまでに ちゃんと おとどけします」
「ひょうたんいけの たんぽぽじまです」

お父さんはお弁当を作り終えると、どこかへ電話をかけました。

働く車と小人達

「さあ、しごとだ。」

大勢の小人達は、ひょうたん池の港に着くと、たくさんの重機をフェリーに詰め込みました。ショベルカーやローラー車など、たくさんの‘働く車’が勢揃いです。トラックの荷台にはお父さんの作ったお弁当が積まれています。

そうして準備が整うと、さっそく出港……したのですが、船底をカモに突かれるアクシデントが発生。それでも、なんとか目的のたんぽぽ島に到着しました。

お弁当の運搬は道路作りから!?

「くさぼうぼうだって へっちゃらさ。」

たんぽぽ島は雑草だらけ……といっても、小人達にかかれば何のその。ショベルカーの先端にアタッチメントを装着し、あっという間に草を刈っていきました。

次いで、ブルドーザーやローラー車で地面を平らにならし、道路を作っていきました。

——こうしてお弁当の運搬はいよいよ大詰め。子ども達の遊び回る原っぱまで急いで向かい、お弁当をそっと届ければ任務完了です。

ピクトブック編集部の絵本談議

アイコン画像

この絵本は「おたすけこびと」シリーズの第7弾だよね!
今回はフェリーまで登場するとは驚きだよ!

アイコン画像

うんうん。
しかも、他にもいろんな船が登場したね!

アイコン画像

面白いのはそれだけじゃないよ♪
よく見ると、小人のヘルメットの上にテントウムシがとまってたり、船上で演奏会が開かれてたり、遊び心が溢れてるんだよね!

それと『なかがわちひろ ときたま日記』も必見!
この絵本の制作過程や制作秘話などなどが満載だよ!

出版社からの内容紹介

人気の定番ロングセラー「おたすけこびと」シリーズの最新刊、第7巻!

こびとたちが、働く車をつかって、人間にたのまれた仕事をみごとにはたします。
累計32万部、ヨーロッパやアジアでも、人気のシリーズです。

あさ、お父さんがおたすけこびとに電話をかけました。
「たんぽぽ島」にピクニックにいった子どもに、おべんとうをとどけてほしい、というのです。

こびとたちは、おべんとうと、働く車をフェリーにつみこんで、島をめざして、船出しました。
ところが……?

出版社「徳間書店」より