絵本

おたすけこびとのクリスマス

この絵本の内容紹介あらすじ

白髭のお爺さんの部屋はプレゼントだらけ。

そのお爺さんは、どこかへ電話をかけました。

「ことしも、いつものところでね」

「はい、おまかせください」

働く車と小人達

「さあ、しごとだ!」

冬のある夜、小人達は大きな袋を預かると目的の家に出掛けていきました。ショベルカーやクレーン車など、たくさんの‘働く車’も勢揃いです。

大人も子どもも寝静まった夜の町で荷物を運ぶ小人達。目的の家に到着すると、さっそく大掛かりな作業が始まりました。

小人達が運ぶのはクリスマスプレゼント

小人達は重機を総動員し、デコボコ道を整地しながら玄関に荷物を運びました。そして、クレーン車で荷物を吊り上げ、窓から部屋の中へ——。

そうして誰にも気づかれないように慎重に運び込むと、最後はクリスマスツリーの下に荷物を置けば任務完了です。

ピクトブック編集部の絵本談議

アイコン画像

白髭のお爺さんはサンタクロースだよね!

アイコン画像

そうそう!
小人達はお父さんやお母さんの依頼を受けることが多いけど、クリスマスイブにはサンタクロースの依頼も受けるみたいだね♪

熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

出版社からの内容紹介

クリスマスの夜。大切な仕事をたのまれたこびとたちのチームは、働く車の列をつくって、夜の町をはしっていきます。どこへ行くのかな、そしてたのんだのはだれ…? 大人気絵本『おたすけこびと』の待望の第二弾! 画面のすみずみまで楽しめる、わくわくするクリスマス絵本。

出版社「徳間書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。