この絵本の内容紹介あらすじ

満天の星が煌く夜のこと——。
クロは大好きなシロを誘って散歩に出掛けました。湖に浮かぶ“キラキラ光るもの”をシロにプレゼントしようと思ってのことでした。

クロは湖に到着すると、さっそく水面に手を伸ばしました。けれども、“キラキラ光るもの”を掴むことは出来ませんでした。

それでもクロは諦めず、悪戦苦闘を繰り返しました。シャベルを使ってみたり、バケツを使ってみたり、釣竿を使ってみたり……。どれも失敗に終わると、しまいには湖の中に飛び込みました。

けれども、そこまでしても“キラキラ光るもの”は手に入りませんでした。クロが岸に戻った頃には、夜空は陰り、湖面から“キラキラ光るもの”は消えていました。

そうしてクロは落ち込んでしまうのですが、シロは隣で優しく微笑んでいました。なぜなら、一番の“キラキラ”はふたりの心の中にあることを知っていたから……。

ピクトブック編集部の絵本談議

アイコン画像

青に染まった夜が幻想的だったね!

アイコン画像

綺麗な世界が描かれてたね!
クロの想いも素敵だったし、シロの想いも素敵だったなぁ。

アイコン画像

うんうん。
なんだか透き通った気持ちになるよね!心が洗われたような気がするよ♪

出版社からの内容紹介

ぴっぽのたび』の刀根里衣が描く、 深く透き通った青色の世界

主人公は2匹のネコ。湖にうかぶ“キラキラ光るもの”を、大好きなシロにプレゼントしようと悪戦苦闘するクロ。水中から戻ってくると“キラキラ”は消えており、クロはしょんぼり。しかし、その横でシロはやさしく微笑んでいる。なぜなら、大切なものはふたりの心のなかにあることを知っていたから……。ハートウォーミングなメッセージを、作家が表現したかったという青色の世界とともに語りかける珠玉の一冊。

出版社「NHK出版」より