絵本

ぴっぽのたび

この絵本の内容紹介あらすじ

カエルの‘ぴっぽ’はいつも独りぼっち。寂しくて眠れないときは羊を数えました。

ある夜、ぴっぽは眠れず、例のごとく羊を数えていると……不思議なことに小さな羊に出会いました。しかも、その羊は夢の中を旅することができるというのです。

「いっしょに 行ってもいい?」

ぴっぽはそう尋ね、羊と一緒に夢の旅に出ることにしました。

夢の世界

ぴっぽと羊が最初に訪れたのは5月の夢。美しいポピーの花が一面に咲き誇っていました。

「わたしたちはね、このそよ風にのって、ふわふわと 空をとんでみたいの」

ポピーの花達はふたりにそんな話をしました。


ぴっぽ達は6月の夢に辿り着きました。そして、透き通った池には一匹の金魚が住んでいました。

「ぼくにも 足があれば、ここから出て 外のけしきを 見られるのに」

金魚はふたりにそんな話をしました。


ふたりの旅は7月の夢へと続きました。その夢の中では、朝露に煌く朝顔が咲いていました。

「もっと高く もっと高く。空の上まで 行ってみたいな」

朝顔はふたりにそんな話をすると、ため息をつきました。


こうしてぴっぽと羊の旅は、7月から8月へ、8月から9月へと続き、気づけば12月の夢に辿り着きました。雨はすっかり雪に変わり、あたり一面雪景色です。

「もうひとりでも さびしくないや」

ふと、ぴっぽはそう思って、どんどん歩いて行きました。小さな羊を残して……。

孤独に逆戻り

ぴっぽは独りぼっちで1月の夢に辿り着きました。雪がしんしんと降り、視界の先は真っ白。ぴっぽはその雪の中に消えてしまいそうでした。

そんなとき、ぴっぽは小さな羊のことを思い出しました。2月の夢に辿り着いても羊のことが頭から離れません。ぴっぽは3月の夢の中で必死に羊を探しました。

そして、ようやく羊を見つけると、ぴっぽは幸せな気持ちになって走り出し……。


ピクトブック編集部の絵本談議

アイコン画像

ぴっぽが寂しさを忘れられたのは、きっと羊がそばにいてくれたからだよね。それなのに、寂しさを忘れて羊と離れ離れになるなんて……。

アイコン画像

どの生き物や植物達も自分に無いものを切望していたよね。でも、どの季節も素晴らしい世界が広がってたね。客観的にみると、素晴らしいと思えるんだけど、それが日常になると盲点になるのかも。

アイコン画像

ぴっぽも羊の存在の有り難みを忘れてしまっていたのかもね。
寂しい展開もあったけど、最後は温かい気持ちになれるお話だったな。

アイコン画像

眺めるだけでも癒される絵本だったね!
幻想的な世界が描かれてて、ページをめくるたびに目を奪われたよ♪

熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

出版社からの内容紹介

ボローニャ児童書ブックフェア “国際イラストレーション賞”受賞作品の絵本化!

悲しいことばかりで、夢を見ることを忘れてしまった孤独なカエル“ぴっぽ”。ぴっぽは小さな羊と夢探しの旅に出る。そこで見つけたものとは…? イタリアで活躍する絵本作家・刀根里衣が贈る、待望の日本語版、ついに刊行! 世界が認めた絵本界の新星が、豊かな四季のうつろいと主人公の心の軌跡を、色鮮やかに、かつ細やかな筆致で描く。
現在イタリア・ミラノを拠点に制作に取り組んでいる絵本作家、刀根里衣。彼女の作品や創作活動はメディアでも取り上げられ、今、注目を浴びている作家のひとりである。2012年から2年連続で「ボローニャ国際絵本原画展」に入選。2013年、日本人としては初めて「国際イラストレーション賞」を受賞し、2014年に“EL viaje de PIPO”(『ぴっぽのたび』)をスペインのEdiciones SMより出版。待望の日本語版、発売!

出版社「NHK出版」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。