絵本

まけるのも だいじだよ にじいろの さかな

この絵本の内容紹介あらすじ

にじうおは、仲間達と楽しく暮らしていました。赤いヒレの魚とも友達になり、あっという間に仲良しになります。

そんなある日、にじうおが海を散歩していると、「ねえ かくれんぼ しない?」とあかひれに誘われます。そして、鬼になったにじうおは、20秒数えてから自信満々で他の魚達を探し始めました。

にじうおは、ほとんどの隠れ場所を知っていたので、どこを探せばいいのかも分かっていました。海藻の間を探してみたり、珊瑚の林を探してみたり、油断せずに注意深く見渡します。

ところが今日に限っては、どこを探しても誰も見つかりません。他の魚達の隠れ場所を通り過ぎてしまうと、「ここだよ!」と隠れていた魚達が自ら出てきてしまう始末です。そうして、とうとう誰も見つけられずに隠れん坊は終わってしまいます。

すると、にじうおは「ちびあお、こんどは きみが おにだ。」とむしゃくしゃしながら言いました。ちびあおは、まだ幼くて隠れん坊にも慣れていません。にじうおは憂さ晴らしで指名したのです。

ところが、海藻の中に潜り込んだにじうおは、あっという間に見つかってしまうと、負けを受け入れられずに自分勝手に怒り始め・・・。


この絵本は、にじうおの銀の鱗が実際にきらきら光る珍しい作品。自信満々で負けず嫌いのにじうおが改心する姿を描きます。

仲間の間を取り持つあかひれの言葉には、大事なことが凝縮されています。子どもはもちろん、大人であっても、他者と関わるうえで何が大切なのかを教えられることでしょう。

何でも勝つことは嬉しいことですが、負けを認めることも大事だというお話です。

熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

出版社からの内容紹介

あるひ、海をさんぽしていたにじうおは、ガールフレンドのあかひれに、かくれんぼに誘われます。
 おにになったにじうおは、すぐにみんなを見つけられると自信満々でしたが、なかなか見つけることができません。負けを受け入れることができないにじうおは……。

出版社「講談社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。