絵本

ハッピー ハロウィン!

この絵本の内容紹介あらすじ

「とんとんとん」
「はーい どなたですか?」
「わーい おばけちゃん まってたよ」

「とんとんとん」
「わあ こんどは だれかな?」
「おおかみおとこくん こんばんは!」

オバケやオオカミ男などハロウィンならではのオバケや怪物が、次から次へと愉快に登場する繰り返しの絵本です。

ドアをノックする怪しい影は誰でしょう。シルエットクイズのように想像しながら読み進めると、この絵本の楽しさはさらに広がります。

巻末にはジャック・オ・ランタン(カボチャ頭のオバケ)のお面付き。顔に合わせて楽しんでみましょう。

講談社 絵本通信

出版社からの内容紹介

『ハッピーハロウィン!』は新井氏が得意とする低年齢向けの絵本です。昨年発売され、発売即重版がかかった赤ちゃん向けのクリスマス絵本『ツリーさん』に続く、ハロウィンがテーマの赤ちゃん向けの絵本です。『ツリーさん』と同様に、キラキラカバーを使用しています。近年、イベントととしてもますます根付いてきたハロウィンの絵本は、何冊もありますが、低年齢向けのものはほとんどありません。本作は、小さい子でもハロウィン気分が味わえる、シンプルな内容。あなた(読者)のおうちに、オバケやオオカミ男など、さまざなモンスターが訪れ、最後にあらわれた魔女が、あなた用の仮装のお面を持ってきてくれて……という流れでストーリーが展開します。最大の特徴は、クライマックスに用意された、「かぼちゃのお面」のしかけです。実際にお面の目と口の部分に穴があけられているので、それを顔に合わせると、あっという間に「ジャック・オ・ランタン」に早変わり。ハロウィンの楽しさである、「仮装」にフューチャーされた見事なしかけは、読み聞かせで盛り上がること間違いなしです。お面に顔を合わせた状態で、記念撮影をしても面白いかもしれません。また、このしかけ以外でも、前半のさまざまなモンスターが訪ねてくる場面は、シルエットクイズのような構成になっているので、誰が来たのかをあてるおもしろさもあり、さまざまな角度から楽しめる、豪華な絵本です。1さいから~。

出版社「講談社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。