この絵本の内容紹介あらすじ

小川にそってつづく のばらの茂みの中に目をこらしてみるとかわいい煙突からひとすじの煙。木の幹にはドア。そのおくに急こうばいの階段……のばらの村があります。

天気が悪くなりそうだというのに、秋のとりいれは、まだおわっていません。雨がふるまえにとりいれをおわらせようと、のばらの村のねずみたちは、みんな、いっしょうけんめい。もりねずみだんしゃくのむすめのプリムローズも、手伝うつもりだったのですが、なぜか、ふらふらと麦畑を通って、くり林に入りこんでしまいました。気がついたときには、まいごになっていました。日がしずみ、風がでてきて、雨もふりだしました。プリムローズは、暗がりの中にひとりぼっちになり、こわくてたまりません。かわいそうなプリムローズ。ぶじに家に帰ることが、できるでしょうか?

出版社「講談社」より