絵本

ぼくのくれよん

この絵本の内容紹介あらすじ

あるところにクレヨンがありました。ところが、このクレヨンは普通のクレヨンではありません。猫の体と同じくらいの大きさです。

そのクレヨンの持ち主は、体の大きなゾウ。長い鼻を上手に使って描きます。

ゾウが青いクレヨン使って大きな丸を描くと、カエルは池だと勘違いして飛び込みました。もちろん池ではないので、カエルは飛び込むことができず、ただただ驚いてしまいます。

今度は赤いクレヨン使って壁一面を塗りつぶすと、動物達は火事が起きたと勘違いして一斉に逃げ出しました。動物達の慌てようは、本当の火事に直面したかのうようです。

そして今度は、黄色いクレヨンで大きな楕円を描くと・・・。


この絵本は、ゾウが自由奔放にクレヨンで遊ぶ姿を描きます。そのダイナミックなクレヨン使いは、見ているこちらが気持ち良くなるくらいです。

「びゅーびゅー」と勢いよく塗りつぶしていくゾウの姿を見ているうちに、自然と絵を描きたくなるはず。上手に描けなくても、楽しんで描くことが大切なのだと伝わってくるように感じます。

講談社 絵本通信

出版社からの内容紹介

こんなくれよんで、絵を描いてみたいな。
ぞうのくれよんは、とても大きなくれよん。青で描いたら、カエルが池とまちがえてとびこんじゃった。でも、まだまだ描きたいんだ。今度は何色を使おうかな……!?

厚生省中央児童福祉審議会推薦文化財/全国学校図書館協議会選定図書「よい絵本」
/日本図書館協会選定図書

出版社「講談社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。