絵本

100万回生きたねこ

この絵本の内容紹介あらすじ

100万回死んで、100万回生きた猫がいました。その猫は立派なトラ猫で、みんなに愛されて生きてきました。100万人がトラ猫を可愛がり、100万人がトラ猫の死を悲しんだのです。

あるとき、トラ猫は王様の猫でした。王様は戦争が上手で、いつも戦争ばかり。そのたびに、トラ猫を戦場に連れて行きました。

ところがある日、トラ猫は矢に当たって死んでしまいます。戦争中にも関わらず、王様はトラ猫を抱いて泣き崩れ、さらには戦争をやめて城に帰って行きました。そして、城の庭にトラ猫を埋めました。

またあるときは、船乗りの猫でした。船乗りは世界中の海を航海し、世界中の港にトラ猫を連れて行きました。

ところがある日、トラ猫は船から落ちて死んでしまいます。びしょ濡れになったトラ猫を抱き上げ、船乗りは大きな声で泣きました。そして、遠い港町の公園の木の下にトラ猫を埋めました。

そうして何回も何回も生まれ変わり、あるときはサーカスの手品使いの猫となり、またあるときは泥棒の猫となり、さらにあるときは独りぼっちのお婆ちゃんの猫となり・・・、飼い主のもとを渡るたびにトラ猫は愛されて育てられます。

そして、毎回のように不運に巻き込まれて死んでしまいます。トラ猫が死ぬと、飼い主は大きな悲しみに打ちひしがれ、大事に大事に供養しました。

そんな飼い主達の愛情とは反対に、トラ猫は飼い主達のことが大嫌い。その代わり、立派なトラ模様の自分のことが大好きだったのです。

あるとき、トラ猫は誰の猫でもありませんでした。野良猫だったのです。生まれて初めて自分の猫になりました。そして、立派な野良猫だったので、どんなメス猫にも好意を抱かれていました。

近づいていくるメス猫は、貢物をしたり、毛並みを整えてあげたり、トラ猫の気を引こうと必死です。それでもトラ猫は、どのメス猫にも興味を示すことはありませんでした。なぜなら、自分のことにしか興味がなく、自分だけが大好きだったのです。100万回死んだことを誇らしくさえ思っていました。

ところが、たった一匹だけトラ猫に見向きもしない美しい白猫がいました。トラ猫がどれだけ自慢しても素っ気無い返事しかありません。そうするうちに、白猫の気を引こうと夢中になって、トラ猫は何度もアプローチを繰り返し・・・。


白猫との出会いをきっかけに、トラ猫は初めて自分以外の存在を大切に感じるようになります。これまで100万回も生きてきたトラ猫は、死ぬことに恐怖もなければ、別れを悲しんで泣くことも一度もありませんでした。ところが、白猫の死を目の当たりにすると涙が止まらなくなったのです。

この絵本は、100万回生きた猫の一生をとおして、誰かを想うことの素晴らしさや大切さを描きます。

熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

出版社からの内容紹介

これはひょっとすると大人のための絵本かもしれないが、真に大人のための絵本ならば、子供もまた楽しむことができよう。それが絵本というものの本質であるはずだ。そして『100万回生きたねこ』は、絵本の本質をとらえている。――週刊朝日書評より

このとらねこ一代記が、何を風刺しているかなどと考えなくても、すごいバイタリティーをもって生き、かつ死んだ話をおもしろいと思ってみればよいと思う。上級から大人まで開いてみて、それぞれに受けとめられるふしぎなストーリーでもある。飼い主へのつながりが無視され、前半と後半が途切れているようで、みていくとつながってくるふしぎな構成である。――日本経済新聞「こどもの本」書評より

出版社「講談社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。