絵本

大きな運転席図鑑 きょうからぼくは運転手

出版社からの内容紹介あらすじ

潜水船の運転席って想像できますか?この本では、新幹線から宇宙船まで10種類の乗り物の運転席を、見開きの大きな写真で紹介しています。本を立てて見ると、気分はまさに運転士!運転のしかたや、運転士の持ち物までのっています。

運転士になったつもりで見てください

この本には、新幹線、電車、路線バス、はしご車、ショベルカー、帆船、潜水調査船、ドクターヘリ、飛行機、スペースシャトルの、十種類の乗り物の運転席が、B4見開きの大きな写真でのっています。できるかぎり運転士の視線からとった、画面の文字まで見られる大きな写真をながめていると、本当に自分が運転しているような気分になれます。

また、情報ページには、運転席のどこをどう触って動かすかをイラストで紹介しています。例えば路線バスでは、降車ボタンがおされたとき、運転手がどうやって知るのかや、どこにドアをあけるボタンがついているかなどがわかり、バスに乗るのがいっそう楽しくなります! はしご車にあるはしごを動かすための運転席や、ドクターヘリの中などのまめ知識ものっています。

出版社「学研」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。