絵本

ちことゆうのおだんごやさん

この絵本の内容紹介あらすじ

自分たちで作った泥だんご、もっとたくさんのお客さんに食べにきてほしい!
ごっこ遊びをとおして、自分の世界を広げていってほしい親子におすすめの絵本です。

ちこちゃんとゆうちゃんが、砂場でたくさんの泥だんごを作ります。
せっかくだからお客さんに食べてもらいたい!

「いらっしゃいませー!」の声に、まずやってきてくれたのはお母さんたち。
次に「いらっしゃいませー!」と言ってもやっぱりきてくれるのはお母さんたちだけ。
そこで二人は、もっと大きな声でお客さんを呼んでみることにします。

すると、途端に公園の砂場が桜満開のお団子やさんに変身。
大張り切りの二人、最後は鼻の穴が大きくなるくらいの大声を出してみたところ・・・。

かわいらしい二人の掛け合いに、思わずくすりと笑ってしまい、次に砂場へ行ったらお団子をいっぱい作ってお店屋さんごっこをしたくなる、そんなわくわくする絵本です。

さらに、いろんなところにさりげなく登場する「鳥のピーコ」を探すことができるという特典つき。
探しっこ絵本が好きなお子さんは、きっと夢中になってくれるはずです。

出版社からの内容紹介

仲良しのちこちゃんとゆうちゃんが泥だんごを作って並べてお店やさんごっこ。でもお客さんはママたちだけです。そこで二人が思い切り大きな声で「いらっしゃいませ~!」と叫ぶと…。なんだか本物のおだんごやさんみたいになってきた! 夢いっぱいの絵本。

出版社「学研」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。