絵本

しましまぐるぐる

この絵本の内容紹介あらすじ

「しましましま こんにちは」

「ぐるぐるぐる こんにちは」

「しましましま しましま すいすい」

「ぐるぐるぐる にょろにょろ ぐるぐる」

この絵本に描かれるのは、バリエーション豊かな縞々です。黒と白の横縞だったり、赤と白の螺旋状の縞々だったり・・・、あらゆる縞々が登場します。そして、縞々の中には顔の絵も隠れているので絵探しも楽しめます。

ただの縞々模様を描くだけでなく、縦縞模様のカラフルな魚だったり、黒と緑の縦縞模様のスイカだったり、渦巻模様のカラフルなキャンディーだったり、様々な『しましま』や『ぐるぐる』も登場します。

『しましま』『ぐるぐる』といったオノマトペが楽しい厚紙タイプの絵本です。赤ちゃんの「見る」感覚に合わせて色鮮やかなコントラストで描かれます。終盤では穴開きの仕掛けも。

熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

出版社からの内容紹介

あかちゃんが注目する黒を中心に、2ヶ月児でも見やすいコントラストの強い配色にデザインしたベイビーブック。あかちゃんが生まれながらに反応する『顔』や、反応のいいとされる『しましま』と『ぐるぐる』がいっぱいのかわいくてきれいな絵本。

出版社「学研」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。