絵本

さようなら ぼくの こりす

出版社からの内容紹介あらすじ

子どもは、子リスを心の通じ合える生き物と感じていました。ある日、子リスは森で仲間のリスと出会います。子どもが呼び返そうとしても、帰ってきませんでした。そこで子どもは気づくのです。森の中が、子リスにとって本当に住むべきところなんだと……。

出版社「学研」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。