絵本

ふたつの たいよう

出版社からの内容紹介あらすじ

大昔から人々は、太陽の偉大さを、恐れ尊敬していました。「ふたつの たいよう」は、もし太陽が2つあったら…、と考えて作られたお話です。人間が協力して太陽を射るという遠大な、そして雄大なお話が、子どもたちの心をひきつけずにはおかないでしょう。

出版社「学研」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。