絵本

くもさん なにを みた

出版社からの内容紹介あらすじ

ちいさい雲の子がいました。この雲の子、どこかに行きたくてしかたがありません。やっと許しがでて風に乗り出発しました。川や海を見ました。そして太陽が木や草を枯らしているのを見たときに、雲の子は、悲しくて、泣いて泣いて、雲のかたらだは……。

出版社「学研」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。