絵本

まちのねずみいなかのねずみ

出版社からの内容紹介あらすじ

「はじめてのめいさくしかけえほん」シリーズの第30巻は、イソップのお話「まちのねずみ いなかのねずみ」です。町に出かけた田舎のねずみが町の生活のあわただしさにこりごりして田舎の生活の良さを再認識するというお話が、楽しい仕掛けで展開します。

出版社「学研」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。