絵本

木からのおくりもの

出版社からの内容紹介あらすじ

昔、日本は戦争でアジアの国々の自然を傷つけ、今は経済進出で自然を破壊しています。大木から恩恵を受けたにもかかわらず木を傷つけてしまう男が誤りに気づき、木を植え始めるお話を通して、自然の大切さに気づきます。アグネス・チャンが絵を描いています。

出版社「学研」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。