絵本

鳥籠の小娘

出版社からの内容紹介あらすじ

自由な心は誰にも奪えない。 ままならない世界の拠り所となる大人の絵本。

村はずれで「幸福が宿る鳥籠」を作る娘はひとりぼっち。
嵐の晩、彼女のもとへやってきた魔物が「さびしい小娘よ」とささやきますが――。

千早茜の幻想を宇野亞喜良の描き下ろし15点が彩る孤独と自由の物語。

江國香織氏絶賛!
”鮮やかなディテールの一つ一つが物語を力強く支えている。読み終ったとき、そのすべてがここに閉じ込められているのだと思うと、一冊の本を所有することの喜びがふつふつと湧いた”(「本の旅人」2019年2月号)

出版社「KADOKAWA」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。