絵本

いのちのはな

出版社からの内容紹介あらすじ

「あきらめない心」を育てる魔法の絵本!

おかあさんからチューリップの球根をもらったかんたろう。ところが次の日からなんと病気に! 水がもらえないプーは花を咲かせることができるのでしょうか? のぶみ自身の人生とすべての思いが詰まった渾身の一冊!

絵本「いのちのはな」の一コマ

これから大人になっていく子どもにこの本を読んで強く生きてほしいと思いました。
命の尊さ、あきらめず頑張ることの大切さを学べる素敵な絵本です。
―藤本美貴

“人生起こることにメリットしかない”という言葉を思いだした。
今がつらくても「よかった」と思える日がくる。
―くわばたりえ

出版社「KADOKAWA」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。