絵本

もじかけえほん かな?

出版社からの内容紹介あらすじ

ここに「あ」の文字があります。じっとながめてみると、そのかたちの特徴が見えてきます。たとえば上の部分だけみると、「お」や「す」、「ま」や「も」にもちょっぴり似ていますね。右半分だけみると、「ち」や「の」にも似ていますし、下半分は、「め」にそっくりです!

文字をたのしむデザインユニット「大日本タイポ組合」のおふたりは、これを見てぱっとひらめきました。

その名も、「もじ」の「しかけえほん」で「もじかけえほん」!
ページをめくると、ふたつの文字からできる言葉と絵がかかれています。たとえば、「いぬ」と書かれたページをめくってみると……なんと「い」が「か」に、「ぬ」が「め」になって、「いぬ」が「かめ」に早変わり!

この本には、そんなめくってびっくりの文字の早変わりが8つ収録されています。そのどれもがアッとおどろく変身のしかたで、おもわず何度もめくりたくなるおもしろさ。文字の魅力がたっぷりつまった、あたらしいしかけ絵本です。

絵本「もじかけえほん かな?」の一コマ

絵本「もじかけえほん かな?」の一コマ

絵本「もじかけえほん かな?」の一コマ

絵本「もじかけえほん かな?」の一コマ

出版社「偕成社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。