絵本

クリスティーナとおおきなはこ

出版社からの内容紹介あらすじ

クリスティーナは、いろいろなものを集めています。空きかんや、動かなくなった時計、よれよれのネクタイ……。でも、なによりすきなのは、はこでした。はこが大きければ大きいほど、クリスティーナはわくわくします。ある日、クリスティーナの家に、新しい冷蔵庫が届きました。空になったはこをもらったクリスティーナは大喜び。さて、クリスティーナは、このはこで、なにをするのでしょう?
はこがおしろやひみつきち、レーシングカーに変身していくこの楽しいお話は、子どもの想像力をかきたてる傑作と評され、アメリカの多くの教科書に掲載されています。また、歴史ある子ども向け教育雑誌「ウィークリー・リーダー」の推薦図書に15年間連続してえらばれました。アメリカで40年以上まえに刊行されてから、長い間愛され続けている作品です。

絵本「クリスティーナとおおきなはこ」の一コマ

出版社「偕成社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。