条件検索

リアルタイムで更新!ベストセラー絵本を見る

人気の絵本シリーズ

絵本

海に生きる! ウミガメの花子

絵本「海に生きる! ウミガメの花子」の表紙

この絵本について

写真・文黒部 ゆみ
監修奧山 隼一
出版社偕成社
出版年月日2022.09.14
ページ数40ページ
定価¥1,760(税込)
対象年齢7歳以上
ジャンル自然・科学
ISBN978-4-03333740-1

この絵本の内容紹介あらすじ

ウミガメの生態と、迫る危機を取り上げた写真絵本。
ウミガメは世界で人気の生き物ですが、沖縄で見られるアカウミガメ、アオウミガメ、タイマイの3種は、いずれもIUCN(国際自然保護連合)のレッドリストで絶滅危惧種に指定されています。
ウミガメに迫る危機の大きな原因になっているのは、まず、地球温暖化です。地球温暖化が進むと、海の水位が高くなって砂浜の面積が減少し、産卵が困難になるばかりか、食べ物となる生物が減少し、くらしていけなくなります。
また、メスばかりが生まれてしまうため、絶滅する可能性もあります。砂浜に産まれたウミガメの卵は砂の温度で性別が決まり、29度よりも高ければメス、低ければオスになるからです。
もう一つの原因は、プラスチックごみです。ウミガメは肺呼吸をするため、息継ぎをしに浮上しますが、水中にただようロープやビニールごみにからまり、浮上できずに呼吸ができなくなって、死んで打ち上げられる個体が多くいます。
もちろん、プラスチックを鼻や口からのみこんで死んでしまうこともあります。
この本では、取材地の沖縄の海で、地域の人々に愛されているアオウミガメの「花子」と著者の出会いをきっかけにして、ウミガメの姿や種類、産卵のようすや子ガメのふ化、海への旅立ちを迫力の写真で紹介し、後半では前述したウミガメに迫る危機に加えて、地域の人々の保護の努力も紹介されます。
著者が間近で撮影したウミガメの花子のかわいらしい表情やしぐさと、ウミガメが卵からおとなになるまでの生きぬくきびしさを織り交ぜながら、ウミガメに関するさまざまな知識と、世界でおこっている環境問題を子どもたちに伝えます。

絵本「海に生きる! ウミガメの花子」の一コマ

絵本「海に生きる! ウミガメの花子」の一コマ2

出版社「偕成社」より
環境問題がテーマの絵本特集

環境問題がテーマの絵本特集

動物:カメの絵本特集

動物:カメの絵本特集

海の日におすすめ!海がテーマの人気絵本特集

海の日におすすめ!海がテーマの人気絵本特集

絵本「じめんがふるえる だいちがゆれる」の表紙

じめんがふるえる だいちがゆれる

絵本「トミジの海」の表紙

トミジの海

絵本「ペンギンかぞくのおひっこし」の表紙

ペンギンかぞくのおひっこし

絵本「なみ」の表紙

なみ

絵本「たっちゃんのながぐつ」の表紙

たっちゃんのながぐつ

絵本「あまがさ」の表紙

あまがさ

絵本「こびとのナーシャ」の表紙

こびとのナーシャ

絵本「槍ヶ岳山頂」の表紙

槍ヶ岳山頂

絵本「山は生きている」の表紙

山は生きている

絵本「あめふりさんぽ」の表紙

あめふりさんぽ

絵本「そらはさくらいろ」の表紙

そらはさくらいろ

絵本「TSUNAMI」の表紙

TSUNAMI