絵本

おさんぽだいきょうそう

出版社からの内容紹介あらすじ

「ぼくと ばあばの きままな さんぽ。とっとこ こつこつ よっこらせ。ぼくのほうが あるくの はやいよ」と、ばあばの庭から始まった2人の競走。だんだんスピードアップして、どんどん前へ進んだら、なんとこんなところまできちゃったよ! 牧場、サバンナ、海底、ジャングル、大都会などなど、テンポよく世界がひろがっていき、最後はあっと驚く展開に。ページをめくるたびにまったく違う風景が広がるダイナミックさと、すみずみまで描きこまれた背景の緻密さが特長で、図鑑の入門書のようにも楽しめます。見返しには、動物や乗り物の速さをじっくり比べられるグラフもついていて、これまた必見です。

絵本「おさんぽだいきょうそう」の一コマ

絵本「おさんぽだいきょうそう」の一コマ

出版社「偕成社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。