この絵本の内容紹介あらすじ

絵本を楽しみながら、自然と手話がおぼえられる「手話ではなそう」シリーズの3作目。「うしの うしろで うししし」「かばの かばんに かばのかお」「ありえないよ〜! あり いるよ」などと、動物たちが、次々登場しながら、みんな向かうのは、しまうましまい(姉妹)のサーカスのまい(舞)! おかしなだじゃれを笑いながら、手話のイラストを見て同じしぐさをしていると、誰でもちょっとだけ手話ができるようになります。手話、指文字の説明付き。現在手話を言語と位置づけ普及を図る「手話言語条例」が、全国の都道府県、また市町村で続々と成立しています。子どもたちが手話を知るきっかけとなる絵本です。

絵本「しゅわしゅわ村のだじゃれ大会」の一コマ

絵本「しゅわしゅわ村のだじゃれ大会」の一コマ2

出版社「偕成社」より