絵本

うみの100かいだてのいえ

この絵本の内容紹介あらすじ

ここは海に浮かぶ船の上——
女の子がカモメに餌をあげようとしていると……ジャプーン!

カモメの羽根にぶつかって、女の子の大事な人形——テンちゃんが海に落ちてしまいました。しかも、テンちゃんの洋服やアクセサリーがバラバラになって流されてしまったのです。

カバンやネックレス、ブレスレット、リボン、上着、シャツ、スカート、靴、さらには髪の毛までも——女の子が着せ替えごっこで着せてくれたものは、あっという間に海のどこかへ消えていってしまいました。

そして、テンちゃんは不思議な泡の中に吸い込まれてしまうのでした。

海の中に100階建ての家!?

テンちゃんが流された先には、不思議な世界が広がっていました。海の底へと向かって、1階1室の部屋が100階まで続いてたのです。

「さっき、なにかしたへおちていったよ」

そう教えてくれたのは、ここの住人であるラッコです。テンちゃんは、流された洋服などを探すことにしました。

すると、さっそく8階にテンちゃんの髪の毛が……。けれども、事情があって取り返すことができません。ラッコの赤ちゃんが、髪の毛の上で気持ち良さそうに眠っていたのです。

ラッコのお母さんは、テンちゃんに申し訳なく思って、髪の毛の代わりとして昆布を渡すのでした。

洋服の物々交換

テンちゃんは昆布を被って下の階を目指しました。すると、11階からはイルカ達が暮らしていました。——この家は10階ごとに違う生き物が住んでいたのです。

「このこの きてるふく すてきでしょ? さっき みつけたの」

18階に到着すると、今度はスカートを見つけたのですが……、イルカのお母さんが嬉しそうに話すので、テンちゃんは譲ることにしました。その代わりとして銀の鱗を譲ってもらうのでした。

さらに下の階へ降りていくと、21階からはヒトデ達の部屋が続き、31階からはタコ達の部屋が続き……、テンちゃんは自分の物を見つけるたびに物々交換していきました。

気づけば、テンちゃんの服装は海の物ばかり——。けれども、これまでの洋服に見劣りしないほど、素敵な格好になっていたのでした。

こうして、テンちゃんは海の住人達と交流しながら、海の底にある100階を目指し……。


ピクトブック編集部の絵本談議

アイコン画像

住人達も個性的だっただけど、部屋も個性的だったね!

アイコン画像

タコの部屋の一つは、野球場になってたよね!
もっと下の階に行くと、カニの海賊達も暮らしてるんだよ。

アイコン画像

へえ〜!?
なんだか続きが気になるね!
海の底の100階には誰が住んでるんだろう。ますます楽しみだ!

アイコン画像

うんうん。
縦長で描かれているのも迫力があって楽しい絵本だったね!
1階1階の部屋が面白くて、いつまでも見飽きなさそうだな〜。

アイコン画像

100階全部が描かれているから見落とすこともあるかもね。
だけど、それだからいいのかも。繰り返し読むたびに新しい発見があるもの♪

出版社からの内容紹介

ここはうみにうかぶ船のうえ。テンちゃん、という名前のにんぎょうをかかえた女の子がカモメにえさをあげようとしていました。

そのとき…… ジャプーン! カモメのはねがぶつかって、テンちゃんがうみにおちてしまいました。さあ、テンちゃんは女の子のもとへ帰れるのでしょうか?

縦に開いて大迫力の「100かいだてのいえ」シリーズ第3弾!

出版社「偕成社」より