絵本

ちか100かいだてのいえ

この絵本の内容紹介あらすじ

ある日、クウちゃんという女の子がお風呂に入っていると、お湯の中から可愛らしい生き物がひょっこり顔を出しました。

「クウちゃん、わたしのいえの ちか100かいで これからパーティーがあるの。あそびにこない?」

その生き物はそう言うと、家の場所を言い残し、お湯の中へ消えていきました。

「ちか100かいのパーティーって どんなのかな? みてみたい!」

クウちゃんは地下のパーティーに興味津々。さっそく、その家があるという火山の麓を目指しました。

ところが、近くに着いても入り口が見当たりません。歩き回って探していると——突然、地面の下へと滑り落ちてしまうのでした。

地下100階建ての家に到着!

クウちゃんが滑り落ちた先には、不思議な世界が広がっていました。地底へと向かって、1階1室の部屋が100階まで続いてたのです。そして、ここがクウちゃんの探していた地下の家でした。

「ごめんなさい! パーティーがあるのは ここですか?」

「そうだよ。あっ、きみもよばれたんだね。あとで あおう!」

住人のウサギ達に温かく迎えられながら、クウちゃんは地下100階を目指して階段を降りていきました。すると、地下11階からはアライグマ達が暮らしていました。——この家は10階ごとに違う生き物が住んでいたのです。

「まあ、どろだらけ! パーティーに いくんでしょ? あらってあげるわ。ちょっとまってて」

地下18階に到着すると、アライグマのお母さんが洋服を洗ってくれました。地下を降りる途中、アライグマの子ども達と遊んで、クウちゃんは泥だらけになっていたのです。

さらに下の階へ降りていくと、地下21階からはセミの幼虫の部屋が続き、地下31階からはダンゴムシの部屋が続き……、どの階も個性的な部屋ばかりが続いていました。

そうして、クウちゃんは個性豊かな住人達と交流しながら、火山の奥深くにある地下100階を目指し……。


ピクトブック編集部の絵本談議

アイコン画像

住人達も個性的だっただけど、部屋も個性的だったね!

アイコン画像

ダンゴムシの部屋の一つは、ボーリング場になってたよね!
しかも、ボーリングの球がダンゴムシ!

アイコン画像

どの階も面白くて続きが気になるね!
地下100階には誰が住んでるんだろう。ますます楽しみだ!

アイコン画像

うんうん。
縦長で描かれているのも迫力があって楽しい絵本だったね!
1階1階の部屋が面白くて、いつまでも見飽きなさそうだな〜。

アイコン画像

100階全部が描かれているから見落とすこともあるかもね。
だけど、それだからいいのかも。繰り返し読むたびに新しい発見があるもの♪

熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

出版社からの内容紹介

地面の下の、ふしぎないえ。地球のなかにはなにがある? こんどは地下へ! 縦に開いて大迫力の『100かいだてのいえ』シリーズ第2弾。

出版社「偕成社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。