絵本

100かいだてのいえ

この絵本の内容紹介あらすじ

「ぼくは 100かいだての いえの てっぺんに すんでいます。あそびにきてください。」

ある日、星を見るのが大好きな男の子——トチ君のもとに招待状が届きました。

「だれからだろう? 100かいだてのいえって、おもしろそうだなあ!」

トチ君はその招待状に興味津々。さっそく、招待状に記された地図を見ながら、森の中を歩いて行きました。すると、目の前に突然と100階建ての家が現れたのです。

不思議なことに、今までは何もなかったはずの場所に、空まで届くような家が建っていました。

いざ、100階建ての家の中へ

「うわあ たかいなあ。ようし、とにかくはいってみよう!」

そうは言うものの、玄関から「ごめんくださーい!」と声を掛けても返事がありません。トチ君は恐る恐る階段を上りました。そして、2階の部屋を訪ねると、そこではネズミが暮らしていました。

「こんにちは! これから100かいにいくんだけど とおってもいい?」

「どうぞどうぞ。たいへんね、がんばって!」

ネズミ達に温かく迎えられながら、トチ君は100階を目指して階段を上っていきました。すると、11階からはリス達が暮らしていました。——この家は10階ごとに違う生き物が住んでいたのです。

「ぬれるといけないから、かさ どうぞ」

トチ君が22階に到着すると、カエルが傘を貸してくれました。なんと——、カエルの部屋は雨水を集めたシャワーが降り注いでいたのです。

さらに上の階へ上っていくと、31階からはテントウムシの部屋が続き、41階からはヘビの部屋が続き……、どの階も個性的な部屋ばかりが続いていました。

そうして、トチ君は個性豊かな住人達と交流しながら、雲よりも高い100階を目指し……。


ピクトブック編集部の絵本談議

アイコン画像

住人達も個性的だっただけど、部屋も個性的だったね!

アイコン画像

テントウムシの部屋は水玉模様で彩られていて可愛かったなぁ。
ちなみに、コウモリの部屋は逆さまなんだよ!

アイコン画像

へえ〜!?
最上階に誰が住んでいるのか、ますます楽しみだ!

アイコン画像

うんうん。
縦長で描かれているのも迫力があって楽しい絵本だったね!
1階1階の部屋が面白くて、いつまでも見飽きなさそうだな〜。

アイコン画像

100階全部が描かれているから見落とすこともあるかもね。
だけど、それだからいいのかも。繰り返し読むたびに新しい発見があるだろうね!

出版社からの内容紹介

空まで届くふしぎな家を、のぼって探検しよう! 縦にながい画面が大迫力、いろいろな生きものに会いながら頂上をめざします。

出版社「偕成社」より