絵本

ボタン

この絵本の内容紹介あらすじ

お洒落が好きな女の子とママにおすすめの絵本です。

赤い表紙にはクッキーのカンが描かれています。
かわいらしいリスとウサギが描かれたクッキーのカンは宝物入れにぴったりですね。どんなボタンが入っているのでしょう?

クローゼットって、子どものころには何だか特別な空間でしたよね。パパとママの服がたくさん入っていて、狭くて暗いけど何故か心地いい空間。

ボタンが入ったカンを見つけた主人公の女の子も、きっとクローゼットが好きだったんでしょうね。

若い頃、洋服作りが好きだったママが古い服を処分するときに外したボタンがたくさん入っています。

緑の葉っぱやニンジンの形のボタン、お気に入りの貝殻模様のボタン、変わった形のボタンもあります。

女の子はそれがどんな服についていたのか想像するだけで楽しくなります。

葉っぱのボタンは緑色のワンピース?それとも花柄?
ボタンを通して若いころのママの事をあれこれ想像します。
どんな服着て笑ってたの?どんなボタンの時に泣いてたの?

子どもがママの昔の事を想像しているなんて、なんだか不思議な気持ちになりますよね。

大好きなボタンを眺めていると、ママは大好きなボタンたちをたっぷり使って地味なワンピースを大変身させてくれました。

男の子たちにはからかわれるけど、ママが使っていたボタンがたくさんついていることが嬉しい女の子。

ママのお気に入りだったものを自分の娘も気に入ってくれるなんて嬉しいですよね。ママから娘に受け継ぐって素敵だなと思わせてくれる絵本です。

熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

出版社からの内容紹介

クローゼットの奧にしまってある、四角い大きな缶の箱。ママのボタンコレクション。いろんな形のたくさんのボタンたち。どんな洋服についていたのかな? ボタンの一つ一つにママの思い出が詰まっている・・・ママのボタンコレクションをみて、いろんな洋服を想像するうちにママの青春にまで思いをはせる女の子まゆ。ママはまゆにすてきなプレゼントをします。

直木賞作家と絵本作家との共通のコレクションは「ボタン」。おふたりのコレクション話から生まれた絵本です。

出版社「偕成社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。