絵本

あなのはなし

出版社からの内容紹介あらすじ

ある日、ぶらりとでかけた靴下のあな。とちゅうで4人のなかまに出会います。「どこへいくの?」「べつにどこへも。ただ、よのなかをみたいとおもってね」「じゃあいっしょにいらっしゃいよ」こうしてどんどんどんどん歩くうちに、あなとなかまは一軒の小屋を見つけます。みんなはそこで休むことにしました。みんなが寝静まったその夜、なにかがのっそり小屋に入ってきて……。

半世紀に渡り、家庭文庫やお話の会で語り継がれてきたチェコのお話が、穴あきの絵本になりました。いままでに穴のあいた絵本は数あれど、その穴自体が主人公の絵本はこれが初!? 穴と仲間たちのユーモラスな冒険が描かれます。よくみると、もうひとつの「赤ずきんちゃん」ともいえるお話が隠されています。赤ずきんちゃんとおばあさんは無事だった! そんなところも楽しい、穴あきのしかけ絵本です。

絵本「あなのはなし」の一コマ

出版社「偕成社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。