絵本

はらぺこあおむし

この絵本の内容紹介あらすじ

葉っぱの上に小さな卵が一つ。
お月様が空の上から優しく見守っていました。

日曜日の朝、お日様が昇ると暖かくなりました。そして、小さなアオムシが「ぽん!」と生まれました。

腹ぺこのアオムシは、さっそく食べ物を探し始めました。

アオムシはお腹ぺこぺこ。
どれだけ食べても足りない!?

月曜日、アオムシはリンゴを一つ見つけて食べました。それでも、空腹は満たされません。

翌日の火曜日、今度はナシを二つ見つけて食べました。それでも、相変わらずの空腹です。

それからも、アオムシは果物をたくさん見つけて食べました。水曜日にはスモモを三つ食べ、木曜日にはイチゴを四つ食べ、金曜日にはオレンジを五つも食べたのです。

それなのに、アオムシの空腹は満たされませんでした。

土曜日になると、チョコレートケーキ、アイスクリーム、ピクルス、チーズ、サラミ、ぺろぺろキャンディー……、アオムシはありったけの食べ物を食べました。

ところがその晩、お腹が痛くてアオムシは泣いてしまうのでした。

翌日の日曜日、緑の葉っぱを食べると、お腹の具合はすっかり回復しました。
それに、緑の葉っぱも美味しかったのです。

幼虫からサナギへ。サナギから蝶へ。

これだけ食べたので、アオムシはもうお腹いっぱい。気づけば丸々と太っていました。

それから間もなく、アオムシはサナギになって何日も何日も眠りました。

そしてある日、サナギの皮を脱いだのは、とても綺麗な蝶でした。優雅に広げた羽根は、見事な色彩です。

小さかったアオムシは、サナギを経て、美しい蝶になったのでした。


ピクトブック編集部の雑談

アイコン画像

曜日の移り変わり、数の増え方、こういったのも自然と覚えられるような物語構成だね!

アイコン画像

うんうん。
アオムシが果物を食べるところが、穴開きの仕掛けで表現されてるのも面白かったなぁ!

アイコン画像

なによりイラストが魅力的だね! 蝶が羽根を広げたところは見入ってしまったよ。

出版社からの内容紹介

小さなあおむしは、もりもりと食べつづけて美しい蝶になった。数や曜日の認識をおりこみ、穴あきのしかけをこらした斬新な絵本。

出版社「偕成社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。