絵本

からすのパンやさん

この絵本の内容紹介あらすじ

いずみがもりは、千本以上の木々が生い茂るカラスの町。木々の上にはカラスのおうちがあって、その一つにカラスのパン屋がありました。

ある日、カラスのパン屋のおうちでは、四羽の赤ちゃんが生まれます。不思議なことに、赤ちゃんの体は黒色ではありませんでした。白、黄、赤、茶、それぞれ違った色をしていたのです。

白色のカラスはオモチちゃん。黄色のカラスはレモンちゃん。赤色のカラスはリンゴちゃん。茶色のカラスはチョコちゃん。カラスの夫婦は、体の色にぴったりの名前を赤ちゃん達に名付けました。

カラスの夫婦は育児に追われ、仕事で失敗続き!?

カラスの夫婦は、四羽の赤ちゃんを育てながらパン屋を切り盛り。仕事と育児の両立はとても大変なことでした。

お父さんカラスはパンを一生懸命に焼きますが、赤ちゃんが泣き出すたびに手を止めなければなりません。あやしたり、抱っこしたりしていると、今度はパンが焦げたり、半焼けになったりしてしまいます。

お母さんカラスも店内を一生懸命に掃除しますが、赤ちゃんが泣き出すたびに手を止めなければなりません。おっぱいを飲ませたり、おむつを替えたりしていると、今度はお客さんを待たせてしまったり、掃除が疎かになったりしてしまいました。

カラスの夫婦はパン屋の仕事に集中できず、お客さんが減っていきました。そして、段々と貧乏になってしまいました。

一方、カラスの赤ちゃんは、すくすくと成長していきます。カラスの夫婦が苦労しているとは露知らず、騒いだり、イタズラしたり、おねだりしたりと元気が溢れます。

カラスのパン屋で大騒動!?

お父さんカラスが焦げたパンや半焼きのパンを作ってしまうと、そのパンは子ども達のおやつになりました。そして、子ども達があんまり美味しそうに食べるので、カラスのパン屋の評判が広がっていきました。

こうして評判が広がり始めると、お店は大忙しです。子ども達もお客さんを喜ばせようとパン作りを手伝うようになりました。

カラス家族はみんなでアイデアを出し合って、どっさりパンを焼きました。スターパン、とんかちパン、ボールパン、かえるパン……。個性豊かで素敵なパンが溢れるほどに並びます。そして、香ばしい匂いを森中に漂わせました。

評判を聞きつけたカラス達は、競うようにカラスのパン屋へ向かいます。さらには、評判が評判を呼び、大きな騒ぎへと発展していきました。

火事だと勘違いすれば消防車や救急車が出動し、事件が起きたと勘違いすれば警官までも出動します。そこに野次馬も混じって、カラスのパン屋の前は大混雑してしまい……。


ピクトブック編集部の雑談

アイコン画像

予想外の展開が面白いね!

アイコン画像

うんうん。
個性的なパンがどっさり焼き上がったところは、ついつい見入ってしまったよ。

アイコン画像

『すいかパン』なんて断面までスイカそっくり!
個人的には『かみなりパン』か『ぶたパン』がお気に入りかな♪

アイコン画像

カラスのイメージって嫌われ者って感じだけど、カラスのパン屋だったら行ってみたいなぁ。ところで、大騒動はどうなったんだろう?

アイコン画像

それは読んでからのお楽しみ!
というわけで今回は、絵本「からすのパンやさん」のご紹介でした!

熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

出版社からの内容紹介

いずみがもりのからすのまちのパンやさんは、子どもたちの意見を参考にして、すてきな形のパンをどっさり焼きました。

出版社「偕成社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。