絵本

こんにちは!マトリョーシカ

出版社からの内容紹介あらすじ

ロシアの代表的な民芸品で、日本でも人気があるマトリョーシカが、赤ちゃん絵本になりました! 赤いマトリョーシカから緑のマトリョーシカがこんにちは! いちばん小さなマトリョーシカから出てきたのは、なんと雪の世界からきたゆきだるまでした。 この絵本にかくされているテーマは、自己の内面の多面性、無限性、そして、他者とのつながりの重要性、これらをマトリョーシカ人形を使って象徴的に描いています。

絵本「こんにちは!マトリョーシカ」の一コマ

絵本「こんにちは!マトリョーシカ」の一コマ

出版社「偕成社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。