絵本

シェルパのポルパ 冬虫夏草とおおきなヤク

出版社からの内容紹介あらすじ

ヒマラヤのシェルパの人びとにとって、ヤクは大切な生きもの。シェルパの男の子、ポルパは赤ちゃんの頃から、白いヤクのプモリと一緒に育ちました。ある日、具合がわるくなったおばあちゃんのために、ポルパはプモリとふしぎな薬草を探す旅に出ます。それは「むしのような、くさのような、きのような」形をしていて……。

絵本「シェルパのポルパ 冬虫夏草とおおきなヤク」の一コマ

絵本「シェルパのポルパ 冬虫夏草とおおきなヤク」の一コマ2

出版社「岩波書店」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。