絵本

すいかのプール

この絵本の内容紹介あらすじ

お日様が照りつける真夏、スイカはすっかり熟しています。

突然、熟したスイカがひとりでにパカっと割れると、いよいよスイカのプール開き。その大きなスイカに最初にやってきたのは、麦わら帽子を被った白髪のお爺さんです。

お爺さんは大きなスイカの皮に梯子を掛けて、赤い実のある断面まで登ります。それから、サックサックと断面を歩きながら種を取り除くと、そこには美味しそうなスイカジュースが・・・。

暑い夏を迎えると、あちこちの村でプール開きが行われます。隣の村はヤシの実プールで、こちらの村はスイカプール。昨年は種が多くて泳ぎにくかったスイカプールですが、今年のプールは見事な出来です。一番乗りのお爺さんは、スイカジュースに気持ち良さそうに浸かります。

その頃、水着を着た子ども達が、浮き輪を持って田んぼ道を駆け抜けます。目的地はもちろんスイカプール。大はしゃぎで駆けていくと、待ちに待った楽しい一日がいよいよ始まります。

気づけば、スイカプールには大勢の子ども達が集まりました。赤い実の断面を子ども達がピチャピチャ足踏みするうちに、赤くて透き通ったスイカジュースが滲み出ます。そして、ジュースが溜まっていくと、いよいよプールらしくなってきました。

お日様の照りが強くなってくると、毎年恒例の雲屋さんがやってきます。今年も雲のパラソルや雨雲シャワーが大人気です。


夏と言えば、スイカとプール。その二つを掛け合わせた、賑やかで可愛らしいお話です。奇想天外な発想ですが、本当にあったら良いのにと感じてしまいます。

夏のうだるような暑さとプールのひんやりとした涼しさ、この両方ともを感じられます。スイカの質感も見事に表現しており、絵本の中に本物のスイカがあるよう。現実と空想を行き来するような、そのなかで子ども達が生き生きと遊ぶ姿が描かれます。

絵本を読んだ後は、暑い夏に、プールに出掛けたくなること間違いなし。美味しいスイカも食べたくなることでしょう。

熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

出版社からの内容紹介

大きなすいかがぱかっと割れたら、うきわを持ってでかけよう。葉っぱのジャンプ台から飛びこんだり、ぶあつい皮ですべり台をつくったり、すいかのジュースをパシャパシャさせたり……。思い切り遊んだ一日はあっというま。でもだいじょうぶ。きっと来年もすいかのプールはひらくから。子どもの楽しい空想をいきいきと描く韓国の絵本。

出版社「岩波書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。