絵本

クリスマスってなあに?

この絵本の内容紹介あらすじ

冬の楽しみと言えばクリスマス。子ども達はその日を心待ちにしています。

ところで、クリスマスはいつから始まったのでしょう。それは約2000年前に特別な赤ちゃんが生まれた日から始まったのです。

イエス様の誕生

遠い昔、マリアという女性が長い旅を経てベツレヘムという町に辿り着きました。

ところが、ベツレヘムの宿はどこも満員で泊まる場所が見つかりませんでした。マリアは仕方なく馬小屋で一夜を過ごすことになったのです。

そしてこのとき、マリアは特別な事情を抱えていました。

なんと、マリアのお腹には赤ちゃんが宿っており、翌朝までには生まれることが分かっていたのです。

そうしてその晩に生まれたのがイエス様。12月25日に生まれたので、その日が最初のクリスマスとなったのです。


この絵本には、イエス様の誕生やクリスマスの起源、クリスマスの楽しい過ごし方が描かれています。

クリスマスがどれほど特別なのか、クリスマスがどれほど楽しみに溢れているのか、そういったことが存分に伝わることでしょう。

絵本の目次

・クリスマスのはじまり
・クリスマスクリブ
・クリスマスカード
・プレゼントえらび
・クリスマスプディングをつくろう
・クリスマスキャロル
・へやのかざりつけ
・クリスマスイヴ
・サンタクロースがやってくる
・くつ下に、なにがはいってた?
・クリスマスおめでとう!
・クリスマスプレゼント
・教会で讃美歌をうたおう
・クリスマスのごちそう
・病院の子どもたち
・クリスマスツリー
・みんなであそぼう!
・もう、ねる時間
・ボクシングデイ
・お礼の手紙をかこう
・十二夜ってなあに?
・クリスマスのおわり

出版社からの内容紹介

冬の楽しみといえば、なんたってクリスマス! でもそもそも、クリスマスってなんの日か知ってる? 「テディ・ロビンソン」シリーズの作者が、クリスマスについてやさしく語る絵本。イエス・キリストの誕生から、クリスマスを迎える準備やお祝いの習慣、サンタクロースのことまで。3色刷りの愛らしいイラストが魅力的です。

出版社「岩波書店」より