絵本
中国の民話

なみだでくずれた万里の長城

出版社からの内容紹介あらすじ

子どものいない夫婦のもとに、ツバメによってさずけられたふしぎな少女、孟姜女。成長した孟姜女は、労役にとられた夫に会うために、北のはての〈万里の長城〉まで、千里を歩く旅にでます。そこで目にしたのは、自分と同じように苦しむ人々のすがたでした……。中国で長く語りつがれてきた民話が美しい絵本になりました。

出版社「岩波書店」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。