絵本

ふしぎなしろねずみ

韓国のむかしばなし

出版社からの内容紹介あらすじ

ある雨の日、しろねずみが、ひるねをしていたおじいさんの鼻の穴を出たり入ったり……そしてやがて外へ。おばあさんはしろねずみのあとをついていきますが、その一部始終を、おじいさんは夢のなかでみていました。ユニークな展開の韓国の昔話を、ラガッツィ賞受賞画家のやわらかい感性で描く。読み聞かせにぴったりの絵本。

出版社「岩波書店」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。