絵本

おおきなかしの木

出版社からの内容紹介あらすじ

リスの口からこぼれ落ちた一粒のどんぐりが、やがて芽をだし、ゆっくりと成長していく。根元にはキツネやアナグマが住み、洞にはフウロウが巣をつくったり、追いはぎが宝をかくしたり。かしは、人びとの慕う大木となるが、ある夏、雷にうたれて燃えてしまう。──千年の年輪を刻んだ、あるかしの木の一生を物語る美しい絵本。

出版社「岩波書店」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。