出版社からの内容紹介あらすじ

江戸時代、歌舞伎は人々の夢の世界でした。観客は、芸と技術にかける役者や裏方と一体になって舞台を盛り上げ、どよめく祭りのよろこびをともにしたのです。華やかで細密な絵で、中村座の興行のすべてを再現しました。江戸の人たちにまじって、ゆったりと歌舞伎全盛の舞台をご体験下さい。巻末に、解説と絵注を付けました。

絵本「夢の江戸歌舞伎」の一コマ

絵本「夢の江戸歌舞伎」の一コマ2

出版社「岩波書店」より