絵本
きつねがひろった グリム童話

漁師とおかみさん

出版社からの内容紹介あらすじ

きつねの子が「漁師とおかみさん」という本をひろって、さっそく読んでもらいました。グリム童話(池内紀訳)のはずですが、父さんぎつねが勝手に作ったお話は、どうやら日本のおとぎ話に似てきました。

出版社「岩波書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。