絵本

いっぽんの鉛筆のむこうに

出版社からの内容紹介あらすじ

子どもたちに身近な鉛筆。その鉛筆ができる過程と、その過程にたずさわるスリランカ、アメリカ、メキシコ、日本など、各国の人びとの労働と生活、考え方を記録したユニークな絵本。

絵本「いっぽんの鉛筆のむこうに」の一コマ

出版社「福音館書店」より
7歳以上仕事谷川 俊太郎堀内 誠一福音館書店
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。