絵本

いぬのおまわりさん

歌詞に合わせて場面が展開!おなじみの童謡「いぬのおまわりさん」の歌詞をベースに描かれたお歌絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

童謡「いぬのおまわりさん」は、子ども達の大好きな歌ですね。覚えやすいメロディーラインと、「にゃんにゃんにゃにゃーん」という歌詞がぴったりマッチして、小さな子どもでもすぐに覚えてしまいます。この絵本は、その「いぬのおまわりさん」の歌詞をベースに、前後にちょっとしたストーリーを付け足したお歌絵本です。

赤いワンピースを着た子ねこの女の子。今日はニコニコしながらママとお出かけです。けれどママが買い物している途中、一人でどこかに行ってしまいはぐれて迷子になってしまいます。子ねこが泣いていると、歌詞のとおり犬のおまわりさんが現れて…。

おうちを聞いてもわからない、名前を聞いてもわからない、からすもすずめもわからない…最後には犬のおまわりさんまで困って泣いてしまうというユニークな歌詞が人気の童謡ですが、さいとうしのぶさんのイラストが一緒になるとさらに面白さが伝わってきます。

困り顔の犬のおまわりさんが何ともかわいらしく愛嬌たっぷりです。

「いぬのおまわりさん」の歌詞が2番までまるまる入っている絵本なので、親子で楽しく歌いながらコミュニケーションをとることができます。最後にはきちんとママに会えるストーリーになっているのもうれしいところ。読み物としても十分に楽しめる内容になっています。

出版社からの内容紹介

おなじみの童謡「いぬの おまわりさん」が絵本になりました。
歌詞に合わせて場面が展開。ページをめくり、画面を見ながら、慣れ親しんだ歌を親子で歌って楽しむ絵本です。
また、子猫がお母さんとはぐれてしまう場面と、お母さんが迎えにきてくれる場面を、歌のプロローグとエピローグとして構成。最後はほっと安心できるショートストーリーになっていて、赤ちゃん向けのお話絵本としてもお読みいただけます。

出版社「ひさかたチャイルド」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。