絵本

いのちをいただく

みんなが食べているお肉、どうやってできているのか知っていますか?生命いのちをいただく大切さを描いた食育絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

スーパーに行けば、普通にパックに入って並んでいるので手軽に購入できるお肉。

でも、このお肉がどうやってできているのか知っていますか?

この絵本は、牛を解く(殺生する)お仕事をしている坂本さんが、命の尊さを伝え、その命をいただくことで私たち人間が命をつながせてもらっていることを教えてくれる絵本です。

もしかしたら、かわいい牛のみーちゃんを見て、悲しくて悲しくて、涙を見せるお子さんもいるかもしれません。
自分が口にしてきたお肉が、生きていた牛の命をいただいたものだということを知って、嫌悪感を抱くお子さんもいるかもしれません。

でも「感謝をもって最後まで食事を食べること」の大切さを考えるきっかけになってくれる絵本ではないでしょうか?

出版社からの内容紹介

本書は「命と食」をテーマに講演を行う熊本県の食肉加工センターに勤務する坂本義喜さんの体験談を基にした絵本です。坂本さんは「牛を殺す」という具体的な事例を交えながら、「動物の命を私たちはいただき、生かされている」ことの意味を問い続けます。その講演録を、福岡県行橋市の助産師、内田美智子さんが物語り風にまとめ、佐賀県三瀬村の画家、諸江和美さんが絵をつけました。
 物語は、小学校の授業参観をきっかけに、坂本さんと息子のしのぶ君が食肉加工センターの仕事について語り合う場面から、牛の「みいちゃん」を同センターに運び込んだ女の子の家族と、坂本さんとの出会いへと展開します。巻末には、九州大学の佐藤剛史助教が農漁業や保育に携わる人たちを取材し、執筆した現場ルポ「いただきますということ」を収録しました。

出版社「西日本新聞社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。